はまぐりんの覚書(駄)そんで時々、花模様。

王様の耳はロバのミミー!言いたくても小心なので大声で言えないことをブツブツ呟くブログにしました。
あっちいったりこっちいったり、日々の出来事とか感想とか思考とか取り留めのないことを書き散らしています。英語とかダイエットとかお片付けとか色々。

躁うつ病の家族は菩薩を目指す


またやってしまった・・・。


朝からうっかり母に怒鳴ってしまった


怒鳴るといっても大声で言った程度だが


これでウツが悪化しなければいいんだが。



でもさー。


いくら相手が病気だってわかってたって


傷ついたり悲しかったり感情は動いてしまうわけで。


今回のことだって、母がしでかしたそのこと単体でみれば


大声を出すようなことじゃないと言われると思う。


それだけを切り取ってみれば


いつものように黙って私が後始末をすればいいだけじゃないかといわれるだろう。


でも。


こっちも生きている人間なんですから


100回我慢を重ねていても


101回目の「イラっ」が耐えかねたりすることもあるわけですよ。


特にその前から挑発的なことを言われたりされつづけていると


鬱積したものが爆発しやすくなってしまう。



同じ躁ウツの親を持つ友人は「それが相手の(気を引くための)手なんだよ」というが


母に文句を言った途端に


待ってましたといわんばかりに泣き崩れて


タイミングよく表れた父に自分がいつもこうやって虐められていると


涙ながらに訴え始めるのをみていると


意識的にしろ無意識にしろ、これがやり口なのかもな~とちょっと考えてしまって


生ぬるい目で状況を見おくるしかなかった。



もはやゲダツして菩薩の域に達するしか道はないか・・・・?