はまぐりんの覚書(駄)そんで時々、花模様。

王様の耳はロバのミミー!言いたくても小心なので大声で言えないことをブツブツ呟くブログにしました。
あっちいったりこっちいったり、日々の出来事とか感想とか思考とか取り留めのないことを書き散らしています。英語とかダイエットとかお片付けとか色々。

引き継ぎをしない社員、させない会社

意識高い系の使えない社員Uが5月末で辞めることが決まった。


ついに辞表を持ってきたのだ。(渋っていたらしいが)


それは全くもって喜ばしいことなのだが、問題は


そいつが仕事の引き継ぎを拒んでいる


えーと。「(ーヘー;)


拒むってなんじゃそりゃ?と思うのだが


10年近く(そんなにいたのか)くすぶっていた会社への


最後の嫌がらせだと思われる。


不思議なのは、社長がそれを許していることだ。


曰く「引き継ぎは本人の意思に任せる。無理強いするのは


早く辞めろと急かすことになるから駄目だ ヾ(。`Д´。)ノ」とか。


いや・・早くも何もケツは5月末と決まっているんだから


そこまでにヤツが抱え込んでいる(でも大した数はない)仕事の


引き継ぎをしないと客も次の担当者も困るのでは・・・?(^ー^;)ゞ


と思ったので、いちおう社長にその旨をメールしてみたが


あっさりスルーされたので、めんどくさいから放っておくことにした


客が困っても別にどうでもいいし、万が一私が担当になる客先があったら


全てをUの不手際にしてどんなミスが起きても知らんぷりするつもりだ。


昔は、会社のためとか色々考えて悩んだが、どっかのCMのように


「期待しなくなった」ら、すべてがどうでも良くなって


ものすごく楽になった。あ~無責任って楽ちん(^◇^)