はまぐりんの覚書(駄)そんで時々、花模様。

王様の耳はロバのミミー!言いたくても小心なので大声で言えないことをブツブツ呟くブログにしました。
あっちいったりこっちいったり、日々の出来事とか感想とか思考とか取り留めのないことを書き散らしています。英語とかダイエットとかお片付けとか色々。

世の中やっぱり金。

裏で一人暮らしをしている85歳の叔母がいよいよ認知症が酷くなり


このままではドッキョロージンコドクノシになりかねないので
施設を探すことになった。


介護情報サイトを元に色々調べてみると
昔とちがって今は入居時にそれほどお金がかかるわけでもないようだ。
一説によると入居してすぐに亡くなった場合に返金でもめるかららしい。


とりあえずは近所でワガママな叔母の性格で耐えられそうなところを
いくつかピックアップして見に行ったが、最初の施設でびっくりした。


ホテルかここは?!と言いたくなる綺麗なロビー&エントランス


光あふれる中庭に、美味しそうな食事。やさしそうな職員さんたち。



※イメージ画像


すれ違う入居者も楽しそうで、チャーミングなおばあちゃんが
これから折り紙やるのよ一緒にどう?と誘ってくれる。


説明を聞いているうちにお昼になり、よかったらどうぞと試食させてもらったが
作りたてて暖かく、味付けもちゃんとしていて旨い。
うっかり全部平らげそうになってしまい慌てて理性で一口だけ残す。


あれに比べたら、うちの社員が毎日食べている420円の冷めきった仕出し弁当なんて
使い捨ての容器だけカラフルにして誤魔化している生ごみ一歩手前に思える。


当然個室でプライベートも重視しつつ、掃除も洗濯もやってくれる


うっわーーーー、ここは天国?!


叔母と言わず私が今すぐ入りたいです!!とちょっと本気で言ってみたら
「入居は65歳以上の方のみに限定させていただいております」とやんわりと
たしなめられてしまった。っち。


しかし、2か所3か所と見に行くうちに標準が見えてきたが
大体どこでもひと月30万弱かかる。医療費は除外しての金額だ。


うーーーーん。


私が払うわけではないが決して安くはなく、叔母が何歳まで生きるのか
すごく微妙なラインの金額になってくる。


どうしようかなあと思っていると、叔母が大好きなN證券が「うちも老人ホームを
やっておりまして~」と持ってきたパンフを見て気絶するかと思った。


入居金2000~4500万
月額利用料60万~100万くらい


吹き抜けのあるラウンジでは専属シェフが腕を振るう食事が出て
サロンではカルテットが演奏してくれるらしい。
家族も泊まれるゲストルームもあるのでお孫さん達が来ても安心、と書いてある。


どこのバブルの国の話だ?!
こんな宮殿みたいたところに本気で入る人いるのか?!と
冷やかし半分に問い合わせてみると現在満室だという。
ぜひ見学に来てくださいと言われたが、恐れ多くてご遠慮してしまった。


なんというか、地獄の沙汰も金次第ってホントですね。